<< 痴漢検挙77人、29人が再犯 首都圏集中取り締まり(産経新聞) | main | 【たけくまメモ 出張版】マンガ雑誌創刊の裏側 パチンコ連携で元を取る(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


青木氏後継に長男・一彦氏 (産経新聞)

 自民党島根県連は17日、選挙対策委員会を開き、参院選島根選挙区(改選数1)への出馬を断念した青木幹雄前参院議員会長の後継に、青木氏の長男で秘書の一彦氏(49)の擁立を決めた。

 会見した洲浜繁達県連幹事長は、一彦氏に決めた理由を「長年にわたって秘書として青木氏を支え、政治的キャリアを積んでいる。判断力、行動力もある」と述べた。予想される世襲批判については「(公示まで)日数が限られ、公募できない。勝てる候補として最適任。理解を得られる」と反論した。

 一彦氏は早稲田大卒後、地元の山陰中央テレビ記者を経て、平成11年から父親の秘書を務めている。

 青木氏は今月13日、同県雲南市のミニ集会で突然、ろれつが回らなくなり、出雲市の入院先で脳梗塞(こうそく)と診断された。意識はあり、話はできるという。

 同選挙区には、いずれも新人で民主党の岩田浩岳氏(34)、共産党の石飛育久氏(32)、みんなの党の桜内朋雄氏(41)が出馬表明している。

【関連記事】
「参院のドン」引退へ 派閥政治の終焉象徴 青木幹雄・自民前参院議員会長
自民・青木前参院議員会長、参院選に出馬せず 脳梗塞、引退か 
政界に驚き 大島氏「青木氏の報告待つ」、輿石氏「残念だが体調では…」
青木氏後継、細田氏「勝てる候補を早急に」
小沢氏、参院選への意気込み語る「マスコミの予想が外れるよう全力で頑張る」
中国が優等生路線に?

エコポイント「大きな成果」=直嶋経産相(時事通信)
首相動静(5月12日)(時事通信)
移設あくまで国外・県外…社民、連立離脱論も(読売新聞)
<事業仕分け>第2弾後半20日から 各省「独自仕分け」も(毎日新聞)
普天間、徳之島町議と面会へ=官房長官が鹿児島訪問(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • 03:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
カードでお金
ショッピング枠現金化
競馬サイト
ヴィクトリアマイル
競馬情報
現金化口コミ
レンタルサーバー ランキング
現金化
ブラック キャッシング OK
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM